ソファーの硬さを選ぶ

トップページ > ソファーの選び方 > 硬さを選ぶ

硬さを選ぶ

快適なソファーの条件としてサイズとともに挙げられるのが硬さです。

ソファーを選ぶ場合、クッションの硬さは必ずチェックしておきたいポイントです。

クッションは硬すぎると良くないですが、逆に柔らか過ぎるものよくありません。

血行が悪くなってしまうほか、足や腰などにも負担をかけてしまうことにつながってしまいます。

体にとって優しいクッションの硬さを知る事が大切ですね。

ソファーが柔らかければ疲れないと思っている人が多いようなのですが、それは大きな間違いです。

ソファーが柔らかい場合、座った際に全身が沈み、背中が丸みを帯びてしまいます。

こうなってしまうと内臓が圧迫されてしまったり、腰や背中が痛くなってしまうこともあります。

理想的な硬さは、座った際に体が沈んでしまわない適度な硬さがあることです。

座った時に「あれ、ちょっと硬いかも?」と感じるくらいが、実は一番良い硬さなのです。

この硬さのおかげで、体は負担の掛かりにくい姿勢を維持できるので、長時間座っていても疲れないのです。

最近のソファーでは、低反撥のウレタン材など、クッションに適度な硬さを持たせる、身体に優しいソファーが数多く登場しています。

ソファーを選ぶ場合には、クッションの硬さにも気を配っているものを選ぶようにするといいでしょう。

Copyright © G-interior design